「頑張らないリハビリもある」

2019年10月16日

こんにちは。脳梗塞リハビリMe:RIZE管理者の城内洋人です。

よくリハビリの現場では「リハビリ頑張るで!」「筋肉鍛えて歩けるように頑張らんとね!」と患者様やご利用者様がお話されているのを耳にします。
たしかに「リハビリを頑張る」ことは大切です。頑張った先に立てるようになったり、歩けるようになったりすることは間違いなくあります。一方で、頑張りすぎてしまい逆に状態が悪くなるケースもあります。
そもそも私たちは立ったり歩いたりするときに、そんなに頑張っていますでしょうか?
人間の身体は、基本的には「楽に」動くようにできていると言われています。それは長時間歩いたり、何度も立ったり座ったり、作業に没頭したりするためです。
増して脳卒中の後遺症にお悩みの方の中には、動くときに筋肉がこわばり、上手く動くことができない方もいます。お伝えしたいことは何かと言いますと、ただがむしゃらに頑張ることが、リハビリのすべてでは決してないということです。人によっては、無駄な力を抜いた状態での楽な体の動かし方を習得する必要があり、リラックスの仕方や力の抜き方からリハビリを始めなければならない方もいらっしゃいます。

Me:RIZEでは、そのようなことに重きを置きながらお一人おひとりに合わせたリハビリをご提供させていただきたいと考えております。

ちなみに添付の写真は、Me:RIZEのエントランスにあるアロマです。リハビリの前後でリラックスしていただけるように10月より設置してみました。「頑張りすぎる」ご利用者さまの「リラックス」の一助になればと思います。

脳梗塞リハビリMe:RIZEぬくもり奈良ステーション

城内 洋人

初めまして、管理者の城内洋人です!

2019年10月12日

初めまして、脳梗塞リハビリ Me:RIZE ぬくもり奈良ステーションの管理者をしております理学療法士の城内洋人です。私は大阪府下の医療法人にて、超急性期(ICU)から、回復期、在宅、外来リハビリの現場で脳卒中や整形疾患の患者様のリハビリを中心に携わらせて頂き、その後、全国展開をしている業界大手のリハビリデイサービスの本部スーパーバイザーとして、経営管理、現場運営、人材育成の指導や理学療法士養成校の非常勤講師等、幅広い分野で様々な経験をさせて頂きました。前職にて日本全国のリハビリデイサービスを飛び回る中で、ご利用者様から病院を退院した後、十分にリハビリできる場がないというお声を多く耳にしました。まさに昨今のメディアで多く取り上げられている「リハビリ難民」を直接肌で感じた瞬間でした。病院の外来リハビリ閉鎖や介護保険のリハビリ時間の短さ、集団リハビリ中心のサービス提供がその背景にあったのかもしれません。そういった想いの中で、退院後の在宅で「もっとリハビリがしたい」という方々に保険外リハビリという新しい選択肢を届ける必要があると考えるようになりました。

ここに記載されている「ご利用者様の声」は実際にMe:RIZEにお越しいただいたご利用者様の生のお声を掲載させていただいております。この声を見て、同じ悩みを持つ他のご利用者様から「勇気がもらえた」「自分もあきらめず挑戦したい」等の嬉しいお声を頂き、「喜びの声」は「新しい挑戦の輪」へと変化しつつあります。

Me:RIZEは、令和元年の夏に産声をあげたばかりのリハビリステーションですが、これからもお一人おひとりの想いに寄り添い、ご利用いただく方の「未来図」を描くお手伝いをさせていただきたいと考えております。

脳梗塞リハビリMe:RIZEぬくもり奈良ステーション
城内 洋人

1 2 3